<< 英気 | main | LFMP UV Cut & Dry T-shirts >>
5mmの意味

 知りたいことがあって一年くらい前のブログを振り返ると、グレアム・パーカーのことが書いてあって、そうこうするうちにMacがグレアム・パーカーをプレーする。夕陽にロマンを感じると同じように、こういう偶然にミステリアスな何かを感じてしまうのが人というものなのでしょう。

 それにしても、一年前にも彼の音楽を注視しているところをみると、暑い夏には汗臭くも爽快な、こんなパブロックが似合うのかもしれないなあ。


 暑さ対策にグレアム・パーカーももちろんではあるけれど、紫外線をカットして吸汗、そして素早く乾く、機能的なウェアもあるに越したことはないと思うのです。今シーズンのUV-Cut & Dry T-shirts [Long Sleeve]もうすぐ予約開始予定。


 さて、昨日の釣りのお相手はヒデキ君。二年ぶりにご一緒した彼と、それからその嫁さんとの付き合いは何年になるのだろう。彼らと知り合ってから生まれた彼らの息子が四つだそうだ。

 そんなヒデキが風とそしてなかなか乗らないバイトに苦しみつつ、ようやく獲った琵琶湖バスが上の写真。50cmにはわずか5mm足らずでした。その前に俺が53cmを釣ってしまったもんだから余計にあせったことでしょう。


 「これで来たかいがあります」という彼は仕事を辞めて地元で農業をやるつもりなのだそうで、「いいシーズンにこっちに来れるのはこれが最後かもしれません」とも。釣れて良かった。足らなかった5mmはやがて来れることになるその時にとっておこう。

 ちなみに俺が釣ったのはBeat Stickによる件の金属音パターン。鋭く首振りを1回2回くらいでバシュッと派手に出ていただきました。


Heat Treatment

 昨日の同時刻にはアルバンの撮影のサポートをしてもらっているCrawlerもそこそこ良い釣りをしたようで、そのあたりを参考に木曜からの撮影にのぞもうと思う次第。しかし、この暑さじゃ釣果よりも俺の体力の方が心配だ。
| Fishing Music Information |






















































ARCHIVES

TOPICS

CATEGORIES



Recent Items