SKL

 親知らずが痛いのだ。正確に言うと、その周辺の歯茎が炎症を起こしているらしい。

 おとといあたりから体調が悪く、風邪かと思ったらそうでもなくて、ただただだるくて倦怠感があって、むかむかして、昨日は一日寝込んでいたら、今朝はやたらと親知らずが痛かった。暑さと疲労で自律神経がどうにかなったのではないかと思うのだ。

 こんなの記憶にないが、いよいよ親知らずを抜かねばならない、なんてことになるのではないかと、今から緊張している。


 それにしても寝込んで弱っている時にタランティーノを見るべきではない。遅ればせながらこの機会にと「ジャンゴ」を観たら、余計に気分がわるくなった。相変わらず破天荒でおもしろいには違いないが。

 さて、一番上の写真は近々リリースのMighty Arrow Miniオールスターズ。GTR以外にもVintage Blue Head、それからCalavera Naturalなんかもなかなか新鮮味があっていいし、もちろんCFもSKLもフィットしているのではと自負しておるのです。

 しかし、サンプルを塗りながら思ったのだけれど、SKLはもちろんCFもCalaveraも実を言うとドクロあるいはボーンがモチーフで、人って多かれ少なかれドクロに魅かれてしまうものなのだなあと。

 そう言えば、Cosmo del PlasticoVickitan Hornも、それから去年のVickitanもSKLがやたらと売れるものね。(Vickitan HornVickitanもSKLのメーカー在庫はなし。Cosmo del PlasticoのSKLもほぼSold Out !)

 

 さてさて、そのCosmo & Vickitan GPも徐々に盛り上がってまいりました。今日はジョウより初のVickitan Hornによる投稿あり。これまでCosmo del Plasticoばかりでしたが、これを契機にVickitan HornVickitan 2013でも投稿をお願いしたいもの。
| Lure Information |
禁じ手

 Fishing Safari web ver. vol.2はもうご覧いただいただろうか?当ブログにも書いた、あのドラグ締め忘れの悪夢の一日、そのため再撮となった一日の計二日間を25分に凝縮。さらにはあまり見せるつもりのなかったプロトタイプも登場する。ビデオの中でこのプロトタイプについてあまり触れていないのはそのせいだ。

 とは言え、もう見せてしまったわけで、ここで少々ご説明を。このプロトタイプ、Slapphappy Shad Mini del Plastico(仮名。長過ぎるので何か考えないとと思ってます)とでも言うべき、Slapphappy Shadを若干縮小したインジェクションモデル。これを惜しげもなく投入してしまったら、釣れてしまったというわけだ。しかも釣れたのはこのプラグだけだから、そのパフォーマンスがうかがい知れると言うもの。

 まだ見ていないあなたはぜひご覧あれ。

 さて、次にリリースのルアーについてお知らせ。当初はSweepy Jという、Sweepyをジョイント化したプラグをリリース予定だったのだけれども、これのブランクの製作に予想以上に手間取っていて、急遽Mighty Arrow Miniを挟むことにした。突然と言えば突然ではありますが、遅かれ早かれそろそろリリースするつもりだったので、少々順番が前後したということ。と言うわけで、ただ今、カラーサンプル作成中。

 Mighty Arrowとその縮小ヴァージョンのこのプラグは、つい数年前まではあまりの釣れ具合に「禁じ手」とか「反則」とか言われたほどなのだけれど、今やそれを知らない人もいたりして、今一度ぜひ見直していただきたいと思っているのです。釣れるプラグの5年ぶりのリリースをお楽しみに。
| Lure Information |
UVカットとCosmo del Plastico
 

 それをトレンドと言っていいのかどうかわからないが、この頃は過度の紫外線を避けるというのが常識となりつつある。かく言う俺も、(言いたくはないが)よる年並ということもあり、無駄な疲労と熱中症を避けて釣りに集中したいがために、UVカットの機能素材でできたウェアを津波ルアーズからもリリースしているのです。

 と言うわけで、今シーズンのUV Cut & Dry T-shirtsは今日がご予約の締め切りです。ご予約は各ディーラーおよびこちらから。


 実は先日リリースしたネックゲーターも思わぬ人気を呼んでます。それからPlugger's Viewも残りわずか。

 さて、好評を得ているVickitan HornVickitan 2013の怒濤の出荷作業の熱も冷めやらぬ今週、Cosmo del Plasticoのパッキンが事務所にやって来ることになっている。ここ最近リリースが集中してしまって申し訳ないとは思うのだけれど、こればっかりはしょうがない。小さなメーカーの都合ではなかなか世の中動いてはくれないのだ。


 これまでもこのプラグの魅力は何度となくアピールして来たつもりだけれど、果たしてそれが充分に伝わっているのかどうか、その点はいつものように心配ではある。見て楽しい、使って楽しい、しかも「釣れる」プラグなので、どうかよろしく。

| Lure Information |
さりげなさ

 ちょっとした用事で田舎に帰って、食卓の上にふと目をやると、なかなかいかしたマグカップの底があった。何がどうってことはないけれど、ロゴのさりげなさ、つまりは気張らない形や色味やバランスの具合が絶妙だ。こういうのって、真似をしようとすると、それはもう既にさりげなくはなくなっているものだ。

 Slapphappy Beaver 2013 ver.と長らくお待たせしたTシャツ&ポロシャツを昨日出荷して、どうにか田舎に帰る用事に間に合った。この頃慌ただしいが、こっちに帰ってしまうとできる仕事も出来ないので、強制的に仕事を休む他ない。と言いながらブログをUPしたりはしているものの、金曜日までいい骨休めになればと思っている。帰ればVickitan HornVickitan 2013が早速入荷して、しかもFishboneの組み立て作業なんかもあったりして、忙しい日々が待っているから。


 ところで愛車の240も先週の土曜日に修理から帰って来て間に合った。エンジンがかからないトラブルは修理工場では症状が出ず、疑わしい電気系統をあてずっぽうで(とは言え、確率は高いらしいが)治したのだそう。とにかく今は快調で、トラブルの気配もない。

 さて、最終サンプルだと思って削ったSweepy Jのテストは琵琶湖と淀川で敢行。実を言うと首尾よくとはいかなかったものの、これでひとつけりがついた。

 木は木だから重さに幅があるのは致し方なく、少々重かろうが軽かろうがそれなりにアクションするルアー設計というのが津波ルアーズのポリシーである。重いのと軽いのと、それはそれでアクションに多少の差は出来てしまうのだけれども、その幅は木でハンドメイドすることの面白味、つまりは味であるという解釈だ。重いアクションがいいのか、軽いアクションがいいのか、それは意見が分かれるところであって、若干の違いは許容範囲ということ。

 

 ま、しかし、許容範囲というのは確かにあって、あまりに重いものや軽いものはルアーによってはハネてしまったり、軽い木材、あるいは反対に重い木材を選ぶことはある。

 Sweepy Jの場合は軽いアユースでは駄目、それから軽めのバスウッドでも駄目で、少々重めのバスウッドを選んで用いることに決めた。あまりやりたくないが、ウェイトバランスが少々シビアなので致し方ない。しかも苦肉の策で、ウェイトルームを作って、ユーザーがウェイト調整出来るようにしようと今のところ思っています。

 そう言えば、今月下旬以降にリリースのCosmo del Plasticoにも、ウェイト調整でかなりの試行錯誤を強いられた。こっちの場合はウッドでなくプラだから、素材自体に重さのばらつきはない。ところが以前にこのプラグに用いた硬質発砲ウレタンとはまるでアクションが違っていて・・・とか言い出すときりがなく、津波ルアーズらしくないのでこのへんにしておく。

 とにかく見て、そして手に取っていただくこと、さらには使っていただければそのへんのことを理解していただけるものと思うのだけれど、そこまで至らしめるプラグの魅力作りが実は一番重要だったりする。その部分には最も心血を注いでいるつもりなんですが。
| Lure Information |
Vickitan 2013

 Vickitan 2013 はVickitan Hornと同じく7月上旬のリリースになりそうです。取り急ぎお知らせ。

 詳細のProductsへのUPは明日以降なので、ひとまずここに詳細を。

--------------------

Vickitan 2013
ヴィキタン 2013

Size
70mm 18.0-18.5 g 
with PVC leg
with Original Hook      

Color
Orange [OR] 
Leaf Ivory [LF-IV] 
Standard Frog Light [STF-L] 
Purple Haze Yellow [PH-YL] 
Crazy Frog Black [CF-BK] 
Silver Glitter [SG] 

定価¥ 2,100(本体価格¥2.000)

Caution !!
ラッカーフィニッシュのルアーと接触した状態での保管は避けて下さい。ルアーの塗装を侵す恐れ、あるいはVickitanの樹脂を溶かす恐れがあります。


 昨年大好評を得た、サーフェイスプラッガーのための中空フロッグ=Vickitan(ヴィキタン)にやわらか足付きヴァージョンが登場。

 ストレートな移動によるスピッティング(ポップ音なしのスプラッシング)、ウィード等の上をストレートリトリーブした時の足によるアピール、ステイ時のワームのごとき足のゆらめきが持ち味。

 ことに、長めのストロークでトウィッチを入れることで全面に大きく広がる水しぶき、いわゆるスピッティングには実は絶大な効果あり。スカート・ヴァージョンではスピッティング時にダートしてしまう場合がありますが、このレッグ・ヴァージョンは足の抵抗のおかげでそれがありません。ただしターンおよびスライドはほとんどしません。

 もちろんチューニング不要のセッティングはそのまま。絶妙な柔らかさと専用設計のオリジナルフックによりフッキング性能は抜群です。

 例えばハードプラグに反応が皆無の真夏の日中、シェイドに潜む魚に口を使わせてしまう、Vickitan(ヴィキタン)はトップウォータープラッガーのためのフィネスと言っていいでしょう。

------------------------

 それからそれからVickitan HornとSlapphappy BeaverのPVが出来上がりました。どうぞご覧あれ。


| Lure Information |
Slapphappy Beaver 2013 ver.
 

 金曜日に琵琶湖へFishing Safari web ver. Vol.2の撮影に行ったところ、リールのドラグが緩んでいることに気づかず、獲れる魚を獲れなかった。Vickitan 2013 ver.とVickitan Hornで朝から夕まで合計3本は逃したと思う。

 いつもなら乗るはずのバイトが乗らない、それ以外にもバイトは2発ほどあったのだけれど、そんな風に思ったのが午前中に2発。夕方近く、そんなバイトの3発目にフックアップして、ようやくドラグの緩みに気づく。ただ、気づいた時には遅かりし、その魚もどこかへ消えた。

 そんなことに一日中、3本の魚を逃すまで気づかないとはどうかしている。雨風で結構な苦労を強いられていたから、これはほんとにこたえた。これで再撮決定だから困ったもんだ。

 昨日は昨日で愛車240のエンジンがかからなくなった。調子のいい時はご機嫌な愛車ではあるけれど、時折へそを曲げるのは未だ新しいオーナーになついていないということか。本日お昼前に事務所からレッカーで吉見自動車へ。まだ保証期間だからいいようなものの、悪いことって続くのだ。


 そんな悪い空気の中ではあるけれど、そんな悪い空気を払拭すべく、Slapphappy Beaver 2013 ver.リリースのお知らせ。

 この頃はこのプラグに、Vickitan、それからVickitan Horn、Cosmo del Plasticoと並んで、最も信頼をおいていて、文字通り不釣の空気を打破する力がある。先日のアルバンの撮影でも最後の最後にようやく魚を獲ったのはこのプラグだし、その前のFishing Safari web ver. Vol.1でも2本目、3本目(?)を獲ったのはこのプラグ。それからご存知のように去年の今頃、65cmの自己記録を獲ったのもこのプラグなのだ。


 2013ヴァージョンは前後のボディーのシェイプおよび比率が少し違う。(尻尾の方が少々大きくなった。)それから、ジョイント部分のプレートを留めるのに使っていた平行ピンをビスに変更し、さらにはビスの位置をずらすことで強度をUPした。ま、マイナーチェンジと言っていいでしょう。

 一年足らずで再リリースするのは、昨年は2回に渡りリリースしたにもかかわらず、ご注文に対して製作が追いつかないほどの人気だったことがその大きな理由。さらに多くの人にこのプラグのミステリアスな威力を知っていただきたいと思います。リリースは来週7/3となる予定。各ディーラーにて30日くらいまでご予約受け付けです。

 さらにお断り。Vickitan Horn、それからFishbone Rod Handle、今シーズンのTシャツ&ポロシャツが少々遅れておりまして、ご迷惑をかけっぱなしです。Vickitan Hornは工場が混み合っていること、FishboneとTシャツ&ポロシャツに関しては予想以上のご注文をいただいたことがその原因です。申し訳ありませんが、もう少しお待ち下さい。出荷の詳細が決まり次第お知らせします。

 尚、オリジナル・サングラス「Plugger's View」に関しては数量が決まっており、既に入荷していますので、出荷に遅れが生じることはありません。既にたくさんのご予約をいただいています。ご予約は各ディーラー当オンラインストアにて26日まで。



Slapphappy Beaver 2013 ver.

スラップハッピー・ビーバー

2013 ヴァージョン


Size

122mm

1 oz over class


アユース製

ウレタン・フィニッシュ


Color

Vintage Blue Head [VBH]

Calavera Mint Green [CV-MG]

Swim Frog Tropical [SF-TP]

Skull [SKL]

Afro Tribal Natural [AT-NT]

Mont Blanc [MBL]



¥11,340

(本体価格¥10,800)



 プラグがアクションする頃合いを見定めて、とにかくゆっくりステディー・リトリーブすること、それが唯一の操作のこつ。少々癖はあるけれど、ただそうするだけで本当に良く釣れる、Slapphappy Beaverは実にミステリアスなプラグなのです。


 2013年ヴァージョンは前後のボディーのシェイプおよび比率を少し変更、そしてジョイント部分を強化しました。もちろんニューカラーでリニューアル・リリースです。


| Lure Information |





























ARCHIVES

TOPICS

CATEGORIES



Recent Items