復刻

 

 これは来年早々にリリースされるDVD「Leyenda en Vamonos (レジェンダ・エン・バモノス)」のプレゼントのために今塗っている最中のウンデッドスプーク。津波ルアーズの20周年という年にスミスの玉越さんとメキシコに行くことになり、さらには33年ぶりに復刻するあのヘドンのウンデッドスプークを津波ルアーズが塗る(アカシブランドも塗ってます)とは、なかなか感慨深いことではある。20年前には想像も出来なかったこと。

 

 これを塗ることになって、まず思い浮かんだのがこのパターン、Crazy Fish Mint Green。奇をてらわず、いつものうちらしいカラーリングをほどこすことを最初から決めていたので。ま、それにしても良い面構えのウンデッドが出来上がったと思う。そこにHEDDON WOUNDED SPOOKとのオフィシャルのステンシルが入るとがことさら誇らしい。

 

 

 さてそんな折、津波ルアーズが復刻するのは亥 Inoshishiである。33年ぶりの復刻には及びもつかないし、求める声はわずかばかりではあるのだけれど、これとてほとんど20年だからそれはそれなりにちょっとした歴史はないでもない。

 

 そう言えば、これを作った当時はまだCrazy Fishというカラーパターンは存在しなかった。あれは実は後に行くことになるメキシコの影響を色濃く受けたものだからだ。そう言う意味も込めて、ウンデッドに塗ったということも実はある。

 

 メキシコの文化にはパターンやカラーリングということで様々なインスピレーションを得た。そもそも俺の感覚にはない配色も学んだ。クリエーターにとってセンスを磨くのは大切である。Crazy Fishのカラーリングはまさにそれが生きたものだと自負している。

 

 そう言う意味では逆に亥 Inoshishiには今の自分にはない、初期の衝動のようなものが宿っている。当時の俺が無心に削って出来上がったものがこれなのだから。だからカラーリングも復刻という意味で、初期のものを選んである。実際に当時の亥に塗られていたものではないのだけれど。ただ、まるで違和感がなく、むしろマッチしているのは不思議と言えば不思議。

 

 

 そして20周年の年の最後に出すロッドがModerno 53HJ。俺がトップウォータープラッガーとしてデビューした当初に愛用していたのは、先日も言ったようにハーターズの2ピースだったことを考えると、奇遇と言えば奇遇。継ぐという行為は、リールをグリップに、あるいはロッドをグリップにセットする行為にも似て、なんだかちょっと神聖だと思うのは俺だけか。2ピースは今後もうちのロッドにラインナップするつもり。

 

 Moderno 53HJはこれまたカラーリングが良い。ここにはもちろん心血を注いでいる。それはルアーに限らずいつも意識していることで、これをおざなりにすることは俺には到底無理である。

 

 というわけで、亥 InoshishiModerno 53HJをぜひあなたのワードローブに加えて欲しい。ご予約締め切りは明日12/10です。

 

 

 ついでに昨日発表した20thコーチジャケットと20thスウェットパーカもどうかよろしく!これらもまた、ルアーやロッドと同じように、磨いてきたセンスを総動員して、心血注いで作り上げたものなので。

 

 

 ところで、昨日書いたコーチジャケットのワッペンチューンについて早速お問い合わせがあったので、それについて。ワッペンは後々別個に購入していただいて、ご自分で好きなところに付けてカスタムして下さいと、そういうことです。

 

 古着には昔からコーチジャケットにワッペン(アメリカではパッチというのが普通かな)というのは定番で、もともとついているものもあれば、買った後に自分でつけたであろうワッペンも見られて、そういうカスタムがなんだかアメリカを感じることが出来て素敵というのが、その魅力でもあったのです。それに、コーチジャケットは他のアウターに比べて多少安価であるということも魅力の一つ。ワッペンを最初からつけてしまうと値段が上がってしまう(今作っているAwesome ExoticもGuitarも少々凝りすぎていて、しかも量産ではないため、ワッペンとしては安価とは言えないかもしれないので)ということもあるし、それよりも気軽に買っていただき後々カスタムを楽しんでいただこうとそう思っています。

 

 ちなみに新ワッペンはどちらも今年ステッカー、あるいはTシャツのグラフィックとしてリリースして評判が良く、俺自身も気に入っているものをワッペンに落とし込んでいます。ワッペンは刺繍なのでまるまま同じというわけにはいかないけれど。それから前にリリースして在庫のなくなったオリジナルワッペン(オーバルタイプとサークルタイプ)もカラーバリエーションを増やして再度製作中。

 

 20thコーチジャケットと20thスウェットパーカは12/20までのご予約。受注生産です。

 

 そうそう、突然ですが、津波ルアーズのサイトが近々、ひょっとすると明日あたりリニューアルします。これもまた20年を契機に去年から準備してきたもの。ようやくお披露目ということになりそう。

 

 

 今日の一枚はデューク・エリントンのピアノが聴けるMoney Jungle。「私の楽器はオーケストラだ」と公爵は言ったとか言わないとか。そんな公爵がいつもと違うトリオでおくるこのアルバムは、マックス・ローチとチャールズ・ミンガスに触発されてか、あるいはそもそも公爵のプレイがそうなのか、とってもワイルドで、それは荒々しいと言ってもいいくらい。だから、俺はこれが好きである。意外だと言うよりは、やっぱりこの人はこういう一面を持っている人なのだということが確認出来て嬉しくなったから。

 

 

 これが鳴ることで、文字通りせわしない師走を送っている俺はなぐさめられて、そして鼓舞される。DVDのアートワークは今が佳境。そして出荷、リールのサイドプレートの塗装へとなだれ込むのであった。

| - |
20thコーチジャケット&スウェットパーカ

 

 20thコーチジャケット&スウェットパーカのご予約開始!津波ルアーズ ディーラーおよびオンラインストア(後日更新)にて12/20まで。受注生産。出荷は年明け早々の見込み。20周年のアパレルは当たり前だけど今しか買えません。お見逃しのないように!

 

 サイズでお悩みの方は一番下のサイズスペックを参考にして下さい。

 

 只今絶賛ご予約受付中の、それからModerno 53HJ、そしてSonicmaster Alternativeともどもどうかよろしく!Sonicmaster Alternativeは残り台数わずか、Moderno 53HJのご予約は10日まで。

 

 

20th Coach JK
20周年コーチジャケット

Material : 表地 ポリエステル100%
                裏地ポリエステル80%、綿20%
Color: Black, Red, Navy, Duck Camo, Tiger Camo
Size : XS, S, M, L, XL, 2XL
Price : 8,800 yen + Tax

おそらく十数年ぶりにリリースのコーチJK。例の20年分のプラグで描いたピースマーク20をセンターに、周りにはブランドロゴとウェーブとコンセプトのLove Fishing, Music & Peaceをサイケ&ピースフルに描いてみた。そして胸には波の新ロゴ。波イメージの新ロゴはもちろん、ほぼ描きおろしの渾身作。

オプションにもなるよう、ワッペンも鋭意製作中。

ボディはシンプルでチープシック。アームホールが細いとか、ボディが細身であるとか、そういう現代的なアレンジは良くも悪くも皆無の、無骨でアメリカンな雰囲気抜群のいわゆる正味のコーチジャケット。ただし、素材はポリエステルを網目状の平織生地に仕上げたポリエステルオックス地で、表面に凹凸があり、光沢は抑え気味で張りがあって型崩れしにくく、さらには通気性に富み、耐久性もある。

カラーはオーセンティックなブラックとレッドとネイビー、それからちょっと珍しいダックカモ とタイガーカモをラインナップ。サイズはXSからXXLまで。少し大きめに着るなら1サイズ上をチョイスしていただきたい。

受注生産です。

 

 

ワッペンチューンイメージ(実際とは異なることがあります。)Awesome ExoticワッペンとGuitarワッペンを新たに、それからオーバルワッペンとサークルワッペンを再度製作中です。ワッペンは別売りとなります。ご了承下さい。

 

 

20th Sweat Parka
20周年スウェットパーカ

9.7 oz Sweat Pullover Parka
Material : Cotton 100% Oatmeal Cotton 84% Polyester 16%
Color: Oatmeal, Red, Yellow, Navy
Size : XS, S, M, L, XL, 2XL, 3XL, 4XL
裏パイル 
Price : 7,000 yen + Tax

9.7 oz Sweat Fullzip Parka
Material : Cotton 100% Oatmeal Cotton 84% Polyester 16%
Color: Oatmeal, Red, Yellow, Navy
Size : XS, S, M, L, XL, 2XL, 3XL, 4XL
裏パイル 
Price : 7,300 yen + Tax

20周年のスウェットパーカはピースマークの入った20の文字にWoodstock的ハトと魚、それからTsunami Luresの略号TNMLをカレッジ調グラフィックにアレンジして、さらには20年分(?)のエイジングを施してクラックプリント。シンプルながらピースフルなイメージがプラスされたちょっとシャレの効いたグラフィックには、津波ルアーズらしいメッセージが見える。プルオーバーとジップアップの2種類で各4色。
カラーはそれぞれオートミール、ネイビー、イエロー、レッド。今回のボディは色味が古着っぽく、特にイエローとレッドのこの色味は絶妙。ついでにボディは現代風にタイトにシェイプされていないところが古着風。裏地はパイルで10oz弱と程よい厚み。気張らず羽織れて窮屈でないのがメリット。また、サイズは4XLまであって、デカめの人には朗報か?

ヴィンテージ風のクラック(ひび割れ)プリントには若干の個体差あり。ラバーインクは経年でこういうクラックが出るため、古着好きの好むこの雰囲気を人工的に演出するのがクラックプリント。特殊なインクと手法でプリントされ、ウオッシュをかけてクラックさせてあります。洗いこむことでさらに雰囲気が増す仕様。

受注生産です。

 

| - |
20thを遊ぶ

 

 20th コーチJKと同じくスウェットパーカ(プルオーバー、ジップアップ)のサンプルがUP!どちらもかなりの出来栄えと自負しております。

 

 

 コーチJKは例の20年分のプラグで描いたピースマークをセンターに、周りにはブランドロゴとウェーブとLove Fishing, Music & Peaceとのスピリッツをサイケにピースフルに描いてみた。波イメージの新ロゴはもちろん、ほぼ描きおろしの渾身作。

 

 

 胸には波の新ロゴ。オプションにもなるよう、ワッペンも製作中。

 

 カラーはブラック、レッド、ネイビー、ダックカモ、タイガーカモの5パターン。

 

 

 スウェットにも同じくピースマーク入りの20。Woodstock的ハトと魚とピースマークでカレッジプリントをアレンジ。上の画像でわかるだろうか、ヴィンテージ風のクラック(ひび割れ)プリントが凝っているのだ。

 

 

 ご覧のようにシンプルではあるものの単なるカレッジ調ではなく、そこにメッセージが見えるのが津波ルアーズらしい・・・と思う。

 

 

 プルオーバーとジップアップにそれぞれオートミール、ネイビー、イエロー、レッドの4色。今回のボディは色味が古着っぽくていい。ついでにシェイプも古着っぽくていい。特にイエローとレッドのこういうカラーはなかなかないと思うのだけれど。

 

 20thコーチJKと20thスウェットパーカはまもなくご予約開始。受注生産。

 

 

 そしてこちら、亥 20th Colorsはただ今ご予約受付中。プロダクツページもUP済み。カラーはマイティアロウ 20th Colorsとお揃いの6色。ちなみに上のはWave Head Red。レッドヘッドの境目が波型で、サイドに散らしているのがラメではなくて、青貝粉であるのが和風、そして津波ルアーズ風。

 

 

 同じくただ今ご予約受付中のModerno 53HJ。津波ルアーズ初の2ピースモデルは、色々と可能性を感じさせてくれるはず。例えば出張のお供にも、家族旅行のお供にも決して出しゃばらない。カヤックフィッシングのサブにもなりそう。しかし、ただのサブには終わらないメインをも食ってしまうバーサタイルなポテンシャルを秘める。

 

 そう言えば、俺がその昔初めて手にしたトップウォーターロッドはおそらく60's Heddon Palの2ピースで、その後長らくメインで使っていたのは60's ハーターズの2ピースだったことを思い出す。何を隠そう、当時そのハーターズのアクションを俺はかなり気に入っていたから、そのアクションを模して作ったのが津波ルアーズの1stロッド「YABUSAME」なのである。余談ですが・・・。

 


 さて、ここに来てリリースしたばかりのNiva Lが釣れている。決して釣れやすい時期ではないから、この釣果は本物(?)だと思う。マニア谷口なんかは12月に入って1日に3本なんていう釣果を叩き出していて、予想していないではなかったものの、これには少々驚いた。

 

 

 クリアウォーターで躊躇なく食って来たというマニア谷口のインプレッションがそのポテンシャルを物語る。この時期にこれなら、まだまだ可能性ありと言っていいでしょう。

 

 

 その釣果を見て感化されたデンさんも、次の日にそれを裏付ける釣果。

 

 

 あるところにはまだ在庫有りだと思うので、買い逃した人はこの際買っておきましょう。

| - |
亥とモデルノ

 

 

 2019亥年に向けてついに復活の狼煙!

 

 復刻プラグ「亥 Inoshishi」津波ルアーズ初の2ピースロッド「Moderno 53HJ」は12/10までご予約受付中!「亥 Inoshishi」のご予約はディーラーにて。ロッドはディーラーに加えて当オンラインストアでも。

 

 

 Inoshishi
20th Classic Colors
イノシシ 20周年クラシック・カラーズ

Size : 90 mm 3/4 oz over class

アユース製
ウレタン・フィニッシュ

Original Surface Rig

Hook : Dos Cactus #0

Color :
Wave Head Red [WH-R]
Fire Red [FR]
Psyche Frog [PF]
Kingyo [KNG]
Marble Red & Blue [MB-RB]
Marble Green & Blue [MB-GB]

¥7,300 (+Tax)

 カエル、ヘビ、ネズミ、イノシシ・・・あたりが、確か津波ルアーズが世に送り出した最初のプラグだったはず。手元には旋盤さえもなかったから、2次元だとか3次元なんてことも考えずカッター片手に削り出していた時代の津波ルアーズ。

 そのうちイノシシだけが廃盤という憂き目をみる。ダーターなんていう不人気なジャンルの、さらにはアクションも地味な、しかも三次元シェイプのこいつを、木工の外注に出すなんてリスクを負う勇気は当時の津波ルアーズにはなく、そのまま忘れ去られたというのがその真相。

 そのイノシシが20周年を契機に亥の年に向けてリリースされるとは全くもって妙なもの。これよりサイズの大きなイノシシも実は存在していて、今回の小さい方のイノシシって本当はリリースされていなかったんじゃないの?って噂もあるから、マニア垂涎がどうかはさておき、とにかく幻のプラグが再び(?)日の目を見るということになる。


 それにしてもこのプラグ、あらためて眺めてみると、面構えもなかなかの良くできたシェイプではないか。ダーターとしても斬新。そう言えばその昔、カッターで削り出した時に何かしら命が宿ったようなそんな気がしたっけ。


 久しぶりに動かしてみると、ターンもすればダイブもダートもする、やりようによっては捕食音も演出出来る、そのアクションは文字通り実に猪口才(ちょこざい)なのである。動かしようでどうにでも化けてしまうのは間違いない。「アングラー次第」はアングラー魂をくすぐるはずだ。

 すでに20周年のイベントで先行リリースしたイノシシで釣果は上がっているものの、亥年にそれは名実ともに復活するのか否か?!

 

 

Modernno 53HJ
モデルノ53HJ
2 Piece Tubular Carbon Fiber Casting Rod

5’3 “ [Blank Length: 141 cm] 54 g
Butt Length : 73 cm
Tip Length : 73cm
Spigot Ferrule
      
Fast Taper / Heavy Action 
Color : Ivory
Lure Weight: 3/4oz~2oz
Original Guide [with SIC Ring] 
Original Ferrule
with Cotton Pouch

Price ¥50,000 (+ Tax)

 津波ルアーズ初の2ピースロッドはカーボン素材のModerno (モデルノ) 53HJ。

 1ピースモデルの53Hと同じく低弾性の15tカーボンをメインに中弾性24tカーボンをベリーからバット部で使用し、カーボンロッドながらグラスのフィーリングを残したこのロッドは、腰があってしかも気持ち良く曲がり、距離も出せる。置きにいくキャストから、ビシッとライナーで決めたいキャストまで、1ピースモデルとなんら遜色ないアクションを誇ります。

 また、このくらいのレングスでこのくらいのウェイトキャパシティのあるバーサタイルなトップウォーターロッドは、あまり見られず、さらに2ピースとなると非常に稀有でしょう。

  ブランク長は141cmで仕舞寸法が73cmとかなりコンパクト。バラせば大きめのスーツケースにも収まるし、手持ちでもまるでかさばらず、カヤックに2本目として積んでおくことも出来る、かなりのユーティリティーぶり。
 
 オリジナルフェルールとガイド、そして津波ルアーズらしくレトロかつ斬新なカラーリングは、他のスタイリッシュなタックルとの相性も抜群です。Moderno53HJはフィールドに心地よい彩りをきっと添えてくれることでしょう。
 

| - |
遊ぶこと

丸二日ほどもかけてようやく着いたロッジで、疲れも忘れ、いきなりフックを研ぎ出してしまう玉越さんに思わずシャッターを切る。かく言う津波ルアーズ元木も、早速準備せずにはいられないのはいつものこと。

 

 

 愛らしいでしょ?しかも実際によくアクションして、よく釣れる、こんなプラグ、他にないと思うけどどうでしょう?パッケージもいかしてるわ。誰も褒めないので自画自賛。

 

 さて、本日、このプラグたち=魚矢(問屋さんです)別注 Mighty Eddito DP ST(マイティ・エディート・デル・プラスティコ / スニップトーン、詳細はこちら)は魚矢に向けて出荷です。

 

 Edditoってネーミング、ヘッズの菊地君あたりからはややこしいと不評をいただいているけれど、これだって考えに考えて捻り出したものなので、ま、そんなこと言わずに・・・。Mighty Eddinho(エジーニョ)とすると、エジーニョプロップが付いている(実際はエディプロップが付いています)と誤解されかねないし、Mighty Eddyじゃボディサイズが大きいと誤解されかねないし・・・そこで登場するのが語尾にitoと付けるスペイン語なのだ。inhoがポルトガル語の小さいを意味する接尾語で、itoは同じく小さいを意味するスペイン語と言うわけ。こうなってくるともちろん日本語から英語、そしてスペイン語、果てはポルトガル語までチャンポンしてしまう複雑さに嫌気のさす人もいてもおかしくはない。でもまたそれも津波ルアーズらしいといえばらしいと笑って許していただきたい。

 

 Mighty Eddito DP STは早いところでは来週半ばには店頭に並ぶはず。ネーミング共々どうかよろしくお願いします。

 

 

 Mighty Eddito DP STと同じく最近届いたパーツ。一つはこれ。工場の現場の人たちは、これを怪訝そうに眺めていたのだとか。そりゃそうよね。普段は機械の部品とか、それ相応に使い途の想像出来るものを作っている人たちが、何に使うかまるでわからないこんな不真面目なものを作らなければいけないのだから。

 

 さて、これがどんなプラグに使われるのか?お楽しみに。

 

 

 こちらは馬鹿デカいプロップ2種。これはYスタイルの別注用。工場には「数が少な過ぎる」と当然ながら言われてしまったけれど、そこを無理を言ってお願いして出来上がったのがこれ。ここから自力で曲げて、さらには磨いて、アルミの方はアルマイトをかけることになる。これがまた大変なんです。

 

 

 これも先日届いたSonicmaster Alternativeの箱。見ての通り、Sonicmasterのデザインを踏襲しつつもデザインを変えてある。それはどう言うことかと言うと、お気付きの方はお気付きのように、Alternativeの場合、これまでのシリーズとはロゴが変わっているから。フェンダーが60年にトランジジョンロゴを登場させ、それまでのスパゲティロゴに変えて、以降に登場する新製品のジャガーやムスタングに採用したように。

 

 なんて、細かな演出にお金を使ってしまうのは、本当に馬鹿馬鹿しいのだけれど、その辺りを真剣に遊ぶのは大事なことだと考えるのが津波ルアーズではある。

 

 

 それはまるで、丸二日ほどもかけてようやく着いたメキシコのロッジで、疲れていることもすっかり忘れ、いきなりフックを研いで準備を始めてしまう玉越御大の、極めて真剣に遊びに向かう姿勢と似ていなくもない。

| - |
























































ARCHIVES

TOPICS

CATEGORIES



Recent Items