トランキライザー

 

 車を発進させたはいいが、どういうわけかその屋根に知人が平然とした顔で乗っていて、しょうがないので止めようと思ったらブレーキが利かない。それはもう思いっきり踏ん張って車を止めようとするのだけれど、スピードは弱まるどころか速くなる。平気な顔をした屋根の男も実は踏ん張っている。それでも一生懸命踏ん張るとようやく車は止まり、冷や汗の男が屋根から降りる、と目が覚めた。そんな夜中に頭の中で鳴っていたのはなぜかコインランドリーブルースだった。

 

 実にいなたい。そしてダサい。とは思うけれどこれが俺の青春。青春とはえてしてダサいのだ。コインランドリーブルースは柳ジョージがもう三十年以上も前に歌っていた曲。これってもう演歌のように沁みる。大学時代にはこれをバンドでやった。同級生と行く田舎のスナックではカラオケでこれを歌ってしまうこともある。ビートルズからニューウェーブやパンク、そしてヒップホップへと至る、その狭間でどっちつかずのポジションで迷う俺のような世代の人たちって、文字通り中途半端なんである。柳ジョージかどうかは別にして、多かれ少なかれ、良くも悪くも、きっとこんな風だと思うんだけど・・・。違うかな・・・。

 

Niva L / FR ソリッドカラーってやっぱりシェイプが映えると思う。

 

 実にしょうもない悪夢で夜中に起き出して、おかしくなりそうな頭をコインランドリーブルースをトランキライザーにどうにか正常に保ったら、今日はNiva L20thTシャツ、それから20thステッカーの出荷である。

 

 

 昨日、出荷の準備と梱包を昼過ぎまでで済ませて、あわよくば晩秋の琵琶湖のブラックバスをこのNiva Lで釣れたらなんて、仕事が休みのカミオカと出かけたら、Niva Lを忘れたのは俺。ま、どのみちそこそこの強風も災いして、バイトさえなかったのだけれど。それでも先週は実は50upを釣ったのだ。すっかり陽も暮れた5時過ぎではあったけれど。しかもルアーはNiva Lではなく、テスト中のSlapphappy Shadのチューンモデルだったわけなのだけれど。

 

 

 そんなわけでこの夏にNiva Lをレンタルしたおかもっちゃんが釣った50upの画像を載せる。これはただ引きではなくて、チョボっというアクションの釣果。そう、案外芸達者なんです、こいつ。

 

 リリース後の釣果に関してはユーザーに一任しましょう。おそらく俺が思う以上の可能性をこいつは秘めているはず。

 

 

 20thステッカーに関してはメーカー在庫がほぼなくなってしまったものの、20thTシャツは一部欠品はあるとは言え、ほぼ各色、各サイズ在庫があるので、オンラインストアにもUPしました。個人的にはTシャツって年中着ているので、季節外れも何もないと思うのだけれどいかがでしょう?見えない部分にも好きなものを着ていたいよね。

 

 このTシャツおよびステッカーのグラフィックの20は、何度も言うように、元木によって描かれた20年分の津波ルアーズのプラグのイラストで出来ている。津波ルアーズの20年分が、誰あろう元木によって詰め込まれているわけで、当たり前だけど20周年でしかありえない20なのだ。

 

 

 そんなTシャツを買って、そんな20を胸にたまには一日を過ごしてみて欲しいもの。

 

 実は今、年末に向けて新たなデザインも考案中。スウェットとか、今年はコーチJKなんかにも落とし込んでみたいと思っている。もうすぐ予約受付か?!

 

 

 久しぶりに今日のBGM。ジム・ホールのその名もジャズ・ギター。彼のギターをバックにアーティストが彼を描くパフォーマンスのアルバムジャケット。これもいわばアーティストのコラボである。

 

 そう言えば、先日のPlugger's Highでライブペイントのパフォーマンスをしていたら、DJ Ryo-changだったか、彼のかける曲が気持ち良くて、ついついペイントがリズミカルに進んだ。まさにこのアルバムジャケットと同じく。

 

 そんなわけでオーダーされてもいないのにいくつか描いてしまったプラグがあって、それらは今回の出荷で勝手にHEADZに送りました。誰か買ってやって下さい。

| - |
バリエーション その2

 

 Eddy Prop & Mini Pick Flapか?Rant Propか?悩ましいというお問い合わせ、と言うか悩みが何件か寄せられた。その辺をもう少し突っ込んで書いてみる。

 

 基本的にはウォブルというよりはロールの強いプラグではあるのだけれど、リアのパーツによって性格が変わるということはPVを見ていただいてもわかると思う。Eddy (Prop & Mini Pick Flap)の方はフラップによってよりロールが強調され、さらにはフラップが暴れることでプロップと干渉して金属音がまるでノイジー級でアクションも暴れ気味。Rant(Prop)の方はノイズはおとなし目ではあるものの、Snip Toneらしい音色でしっかり鳴っていて、アクションはさほど暴れずステディではある。Eddyの派手に対して、地味なRantと言えなくもない。

 

 ボディもリップも同じで基本的には同じ種類のプラグではあるのだけれど、お尻のパーツでこんなにも違うというのは面白いし、バリエーション的にはどちらもありだと思うから、実を言うと元木自身もどちらも捨て切れず2種類をラインナップしたと言うこと。どっちをチョイスするのかは大いに悩んでいただきたい。どっちも、って言うのが一番いいとは思うけど。

 

 いずれにしろ、こう言うライブリーってあまりないと思うので、持っておいて損はない。トーナメンターの世界はシェイプだとかカラーだとか、ちょっとしたアクションの違いだとかの豊富なバリエーションをいかに自分のものにするかが勝負の分かれ目であったりもするわけなのだけれど、トップウォータープラグに限って言うと、そんなトーナメンターの世界よりもある種さらに細分化されてバリエーション豊富なのがトップウォータープラッギングの世界だと思う。我々の場合は勝負にこだわると言うのでは決してないのだけれど、探求すること自体、つまりはバリエーションの追求が単純に面白いのである。

 

 これだけあれば他は何もいらないと言うのも潔くて良い。でもやっぱりそれだけでは面白くない。完璧がないところ、そして際限のないところが、トップウォーターという遊びの面白さなんだから。

 

 

 だから逆に言うと、津波ルアーズが20年の間に作ってきたプラグにだって実はまだまだ可能性がある。「世界の〜」と言われて久しく、今じゃその存在さえ知らない人もいるMighty Arrowは、ほんとは「こんなに釣れるんだ!」と主張するのは、古くからの文字通りうちのマニアのマニア谷口だ。

 

 Mighty ArrowってWスウィッシャーに分類されるけれども、おそらくこれを得意にしているうちのオールドファンは、これを単なるWスウィッシャーだとは思っていないし、ともすればちょっとした別物としてこれを使っているはず。だってターンもさせない、ジャークもしない、ただゆっくりリトリーブするだけのWスウィッシャーなんだから。考えてみれば、これがリリースされた頃、Wスウィッシャーをゆっくりただ引きすることなんて、トーナメントの世界でも一般的ではなかった。それが今じゃ当たり前なのだから不思議なもの。

 

 

 同じく20周年で復刻され先行販売されたイノシシをいち早く得意ルアーにしてしまったのは斉藤主任。このところこれでもか、とこればかりで釣ってくる。大したものだ。告白すると、これがここまで釣れるとは決して思っていなかった俺だから、余計に驚き。20年も前に少しだけリリースされて、あえなく廃盤となってしまったプラグのこれまた可能性の発見だと言える。

 

 古いものにも可能性があって、さらにはそれをヒントに新たに可能性を追求する、それがバリエーションということなのかもしれない。

 

 イノシシはNiva Lに次いで12月のリリース!

 

 

 そしてここにもまたバリエーション。津波ルアーズ初の2ピースロッドのお出まし。仕舞寸法73cmは大きめのスーツケースにも収まるし、手に持ったところでそれほど存在を主張しないし、若干強めでルアーのウェイトレンジが広くこれ1本で完結出来るし、家族旅行や出張のお供にも最適だ。さらにはカヤックにも予備で積んで(シットインなら内部に収まる)おくことが出来たりして、便利なことこの上ない。

 

 Moderno 53HJも12月リリース予定。お楽しみに。

| - |
Niva L PV!

 

 Niva Lの動画出来ました。

| - |
バリエーションとエピソード

 

 バリエーションが欲しくなる。それは性と言うものだ。

 

 Nivaはそもそもペンシルベイトで、まるで磁石が反発するようなスライドアクションが売り。サイドがフラット気味のその3D形状が絶妙であるがゆえにアンバランスになり、そう言うアクションを生む。これを少し短くして小器用にアクションさせようと考えたのがNiva S(改めNivazinho)である。さらにこの形状がひょっとしてスウィッシャーに生かせないか?と発想したのがNiva RantNivazinho Rantだ。

 

 これら派生系は一定以上の成果を得たと思っている。ことにNiva Rantなんて、俺自身はWスウィッシャーの理想形ではないかと、今のところは思っているし。

 

 そして、これを一歩進んでライブリーに生かせないかと思ったことがNiva Lの発端。

 

 

 ところがライブリーと言うと、うちにはSlapphappyシリーズを始め、すでにこれまた色々なバリエーションが存在する。だからただのライブリーと言うのではなく、ちょっと特徴的なものにしたつもり。いちばんの特徴はロールアクション。アイの位置をできる限り下側にし、後ろ下がりの浮き姿勢になるようウェイトを調整し、ロールが強目に出るようにしてある。ここまでロールの強いプラグはうちにはない。

 

 しかもロールというのは二次元(断面が円)のプラグだとあまり意味がなく、サイドがフラット気味のNivaでこそ生きるアクションだ。パタパタと倒れこむことが特徴的な水流とフラッシングを生むから。

 

 また後ろ下がりの浮き姿勢によって、ちょんと煽った際に頭が下がってお尻が浮き上がり、移動距離の短いアピールも得意になる。


 ペンシルやポッパーが一種類ではないように、ライブリーにも様々なバリエーションがあってしかるべし。使い分けるという意味もあるのだけれど、使っていると、そう、バリエーションってどうしても欲しくなるものだ。ただ、フィールドによって様々なシチュエーションがあり、さらには好みというのは存在するから、このプラグがライブリーコレクションの中においてどのくらいの頻度で登場することになるのかは使い手次第ということになる。

 

 それにしてもまず間違いなくこのNiva Lは釣れるプラグではあるから、持っていて損はないと断言しておきましょう。必ず出番が訪れるはず。

 

 

 同時にリリースの20thTシャツと20thステッカーは津波ジャンボリープラッガーズハイで参加賞として配られたり販売されたもの。20の文字のグラフィックの中身は20年の間にリリースされたプラグのイラスト。元木自身が描いたものです。

 

 ただし、どういうわけかイノシシだけが描かれていない。廃盤だからというわけではなくて、俺としてはてっきり描いたつもりでいたのだけれど、あとで指摘されて発覚。そのイノシシがイベントで先行リリースされ、20周年記念として年末に一般リリースされるとは奇遇といえば奇遇。20年ならばそんなエピソードもあってしかるべし。このTシャツやステッカーを手にしたら、通エピソードとしてトリビアよろしく語ってみて欲しい。

 

 

 Niva L20thTシャツ20thステッカーのご予約は津波ルアーズ ディーラーにて。11/13(火)まで。

| - |
Niva Lと20th Teeとステッカー

 

 新作のご予約開始!それから20thのTシャツとステッカーも。ご予約はディーラーにて。ひとまずはフライヤーと詳細をUP!

 

 

Niva L
ニーヴァ・エル

Size : 111mm
1 1/3 oz class

アユース製
ウレタン・フィニッシュ

with Eddy Prop + Mini Pick Flap
    or Rant Prop

Hook : Dos Cactus #1/0

Color :
Crazy Fish Mint Green [CF-MG]
Old Snapper Chartreuse [OS-CH]
Fire Red [FR]
Tobacco Sunburst [TSB] 
Blue Gill [BG]
Skull [SKL] Glow

¥8,000 (+Tax)

Delivery 2018.11

 Nivaのバリエーションが増えるには訳がある。今度はライブリー。
 

 扁平3Dボディのバランスを崩す一歩手前のパタパタと倒れこむようなきわどいロール、それによるかつてないフラッタリング&フラッシングが持ち味。
 

 また、リップが装着されたことで、短い移動距離でもショートジャークで、あるいはダイブでアピール。シングルスウィッシャー的に使うのもよし。
 

 もちろん、加えて例のスニップ・トーン・システムによる特有のノイズがスレたバスに有効。リアのパーツはエディ・プロップ+ミニピックフラップとラント・プロップの2種類。金属干渉音がもはやノイジーの域のエディ・プロップ+ミニピックフラップに対し、ラントプロップはこれまでにないタイプの摩擦音が特徴。

 

 

20th Tee
20周年記念Tシャツ

6.2oz Cotton Tee Shirt
Color : White, Mix Gray, Gold
Size : S, M, L, XL, XXL
Material : Cotton 100% 

Price : 5,000 yen + Tax

 20周年イベントで製作したTシャツです。数に限りがあります。ご了承下さい。

20th Sticker
20周年ステッカー

Size:100 mm
Price 300 yen + Tax

 20周年イベントで製作したステッカーです。数に限りがあります。ご了承下さい。耐光性があり、タックルボックスや車等、屋外で使用可能です。

| - |






















































ARCHIVES

TOPICS

CATEGORIES



Recent Items